最難関大学受験のための英語専門予備校 MUSTARD SEED ACADEMY




校のこと

MSAのいいところ
  • 授業中、
    頭がフル回転します。
    予備校によっては、本部が決めたカリキュラムに従って各校の講師が授業を進めていくという仕組みの教え方をしているようです。このような方法では「もう分かっている話を聞かないといけない」逆に「理解できていないのにその場で解決できずに終わってしまう」というロスが発生してしまいます。MSAでは、そうならないように、生徒の理解度や学習進度に合わせてどんどん授業の内容をカスタマイズしていきます。そのため、生徒は常に頭をフル回転させている状態になります。例えるなら、全てのメニューが決まっているファミレスではなく、その場の空気に合わせて料理をアレンジするオーナーシェフのレストランのような感じです。
    詳しく見る
  • 世界中の英語が教材です。
    近年の大学入試では、英単語や文法の知識よりも、読解力や英語を使って考えたり表現したりする力を問う問題が増えてきています。これは、小手先のテクニックではなく、世の中で実際に使える英語を習得している生徒の方が試験に合格しやすい、という本来あるべき姿ではないかと思います。MSAでは以前から「一生使える英語を学ぶ」という方針のもと、新聞、雑誌、書籍など世界で読まれている生きた英語を教材として使用しています。そのため、世界で何が話題になっているのか?それに対してどう考えたらよいのか?など、知識や教養、考え方も身に付き、受験で高得点が取れるようになるのはもちろん、大学入学後や社会に出てからも役立ちます。
    詳しく見る
  • 全ての授業を
    齋藤が担当します。
    規模の大きな予備校は、組織の構造上、スキルの高いベテランの講師とキャリアの浅い若手の講師で役割を分担することが多くなるようです。その場合、どうしても教え方に差が出てしまう…という話をよく聞きます。その点、MSAは全ての授業、課題の添削、進路指導のアドバイスなどの全てを講師の齋藤が行いますので、クオリティが一定です。講師のレベルについては、経歴やこれまでの実績をご覧いただけますと幸いですが、「英語」の知識だけでなく、アカデミックな教養やユーモアも割とありますので、ご安心いただけるかと思います(説明会でお会いしましょう!)
    詳しく見る
  • 他教科の学習時間を
    確保できます。
    受験科目は英語だけではありませんので、他の教科の学習とどのようにバランスを取るのかということも大変重要です。MSAでは、集中して学習することを大切にしていますので、授業は週2回。予習を含めたトータルの学習時間は13〜15時間程度(小論文を含む)と想定しています。それ以外の時間は、他の教科に当てることができるので、全体の計画が立てやすいのではないでしょうか?(特に英語を伸ばしたいという方は、さらに長時間、学習していただいてももちろん構いません)
    詳しく見る
  • 最難関大学を目指す人だけが
    集まっています。
    「最難関大学受験」という同じ目標に向かう人が集まっているため、「無理矢理勉強させられている」というスタンスの生徒はほとんどいません。同じクラスで学習することで、同レベルの学力を持つ他の生徒の回答や考え方を垣間見ることができるため、自然にモチベーションも高まります。また、MSAを卒業した先輩の進路も様々で参考になります。世界で活躍する先輩の話を聞いて、刺激を受ける生徒も多いです。
    詳しく見る
0110

留学について

MSAの「本場で使える英語」指導が評価され、2013年、一般社団法人IFU International Federation of Universities(国際大学連合)から、日本の塾・予備校では唯一、正規留学推薦指定校に認定され、2014年から32名が留学しています。2020年度は7名が留学の切符を手にしました。この制度では、MSAでの成績が、出願に必要な正式な内申書として認められるため、高校の成績では留学が難しかった浪人生でも海外名門大への進学の可能性が広がります。通常、正規留学出願には高校の評定平均が3.8~4.2以上が必要ですが、MSAで好成績を収めれば、早慶上智よりレベルの高い、世界ランキング上位の名門大入学も可能です。IFU国際大学連合はこれまで、400名以上の海外名門大正規留学生を送り出しており、卒業生の就職実績も文句なしです。
IFU(国際大学連合)大学
  • アイルランド国立
    トリニティカレッジダブリン大学
  • 英国立 バンガー大学
  • アメリカ私立 グリーンビル・カレッジ
  • 英国立 西イングランド大学
  • 英国立 デ・モントフォート大学
校名の由来
MSAマスタードシードアカデミーは、聖書にある「マスタードシード(からし種)=今は小さいが可能性に満ちたもの」にちなんで命名されました。キリスト教の伝導を目的とした学校ではないですし、宗教にかかわらず入学できますが、初代校長が牧師だったこともあり、次のような考えに基づいて設立されました。
MSAは最難関大学をめざし、高い学力を養成することを目的とした学校である。しかし、ともすると「高い学力」に「人間性」が伴わず、傲慢になったり弱さを抱えた人を見下してしまうことがあるかもしれない。ここに集う生徒一人ひとりが、自分に与えられた賜物は、自分のためだけに用いるのではなく、それを「努力と勤勉」によって磨きあげた上で、他者のために惜しまず用いることができる人、すなわち「隣人を愛することができる人」になって欲しい。
当校の名前には、このような願いが込められています。
校章について
MSAの校章には様々な意味が込められています。冠は金の冠を意味し「王の中の王、神の中の神(=キリスト)」を、開かれた本は神の御言葉である「聖書」を表しています。オリーブの枝は神の永遠の愛を信じる証、十字はイエスの十字架です。全体は盾の形をしており、「信仰の盾」を意味します。その下にはラテン語で「DEO ADJUVANTE NON TIMENDUM(With the help of God there is nothing to be afraid of. 神の助けがあるならば、恐れるものは何もない)」と書かれています。
沿革
2000年
上智大学外国語学研究科修士課程修了
2000年〜2005年
複数の予備校にて難関大受験生向けに英語を指導する
2001年
『単語王2202』責任編集者を担当。それまでにはなかった編集スタイルが好評で、受験参考書では異例のロングセラーとなる。全国の受験進学校での採用多数
2005年
マスタードシードアカデミー創立メンバーとなる。現在に至るまで、MSAの教え子は延べ1,500人以上
2020年
マスタードシードアカデミー学校長に就任
学校概要
学校名
MUSTARD SEED ACADEMY
マスタードシードアカデミー
校 長
齋藤 直哉
設 立
2005年4月
住 所
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-14-13 岡崎ビル8F
授業料について
入学金
33,000円(税込)
各授業の料金

年間一括納入の場合
(分割より5%割引となります)
2分割納入の場合
■受講料は「日本円」で、消費税10%込の総額表示です。受講料にはテキスト代とプリント代が含まれます。このテキストとはMSAで編集・印刷・製本し、授業の主たる教材として使用するものを指します。副読本(洋書や単語集)などは、授業料には含まれません。副読本使用の際には、実費の納入をお願い致します。昨年度の高3・卒生選択講座「PLUS」では洋書代2冊で3,000円程でした。年度により、「サプリーム英語70」でも副読本等を使用することがあります。夏期・冬期・直前講習は自由選択であり、年間授業料には含まれません。
■入学金・受講料は、講座お申し込み時にお渡しする「授業料納入のお知らせ」をご確認の上、納入日までに指定口座まで、日本円にてお振り込み下さい。クレジットカード、商品券、仮想通貨などではご納入頂けません。お振り込み手数料はお支払者のご負担となります。
■《年間一括納入》第1回前期授業開始10日前「受講講座授業料合計+入学金(共に税込)」
■《2分割納入》1)第1回前期授業開始10日前「受講講座授業料分割第1回分の合計+入学金全額(共に税込)」
■2)2021年8月25日「受講講座授業料分割第2回分の合計(税込)」
■分割の場合、納期限後に納入される場合、遅延金(年率7.25-14.5%)が発生しますのでご了承下さい。詳細は「マスタードシードアカデミー受講約款」第12条-7をご覧下さい。また納入期限を過ぎた場合、授業料の納入が確認されるまで、授業を受けることはできません。