最難関大学受験のための英語専門予備校 MUSTARD SEED ACADEMY




MSAの
いいところ

授業中、
頭がフル回転します。
予備校によっては、本部が決めたカリキュラムに従って各校の講師が授業を進めていくという仕組みの教え方をしているようです。このような方法では「もう分かっている話を聞かないといけない」逆に「理解できていないのにその場で解決できずに終わってしまう」というロスが発生してしまいます。MSAでは、そうならないように、生徒の理解度や学習進度に合わせてどんどん授業の内容をカスタマイズしていきます。そのため、生徒は常に頭をフル回転させている状態になります。例えるなら、全てのメニューが決まっているファミレスではなく、その場の空気に合わせて料理をアレンジするオーナーシェフのレストランのような感じです。
世界中の英語が教材です。
近年の大学入試では、英単語や文法の知識よりも、読解力や英語を使って考えたり表現したりする力を問う問題が増えてきています。これは、小手先のテクニックではなく、世の中で実際に使える英語を習得している生徒の方が試験に合格しやすい、という本来あるべき姿ではないかと思います。MSAでは以前から「一生使える英語を学ぶ」という方針のもと、新聞、雑誌、書籍など世界で読まれている生きた英語を教材として使用しています。そのため、世界で何が話題になっているのか?それに対してどう考えたらよいのか?など、知識や教養、考え方も身に付き、受験で高得点が取れるようになるのはもちろん、大学入学後や社会に出てからも役立ちます。
全ての授業を
齋藤が担当します。
規模の大きな予備校は、組織の構造上、スキルの高いベテランの講師とキャリアの浅い若手の講師で役割を分担することが多くなるようです。その場合、どうしても教え方に差が出てしまう…という話をよく聞きます。その点、MSAは全ての授業、課題の添削、進路指導のアドバイスなどの全てを講師の齋藤が行いますので、クオリティが一定です。講師のレベルについては、経歴やこれまでの実績をご覧いただけますと幸いですが、「英語」の知識だけでなく、アカデミックな教養やユーモアも割とありますので、ご安心いただけるかと思います(説明会でお会いしましょう!)
他教科の学習時間を
確保できます。
受験科目は英語だけではありませんので、他の教科の学習とどのようにバランスを取るのかということも大変重要です。MSAでは、集中して学習することを大切にしていますので、授業は週2回。予習を含めたトータルの学習時間は13〜15時間程度(小論文を含む)と想定しています。それ以外の時間は、他の教科に当てることができるので、全体の計画が立てやすいのではないでしょうか?(特に英語を伸ばしたいという方は、さらに長時間、学習していただいてももちろん構いません)
最難関大学を目指す人だけが
集まっています。
「最難関大学受験」という同じ目標に向かう人が集まっているため、「無理矢理勉強させられている」というスタンスの生徒はほとんどいません。同じクラスで学習することで、同レベルの学力を持つ他の生徒の回答や考え方を垣間見ることができるため、自然にモチベーションも高まります。また、MSAを卒業した先輩の進路も様々で参考になります。世界で活躍する先輩の話を聞いて、刺激を受ける生徒も多いです。