最難関大学受験のための英語専門予備校 MUSTARD SEED ACADEMY




今日の1問Jul.30.2021

The large body of evidence indicated that he was guilty of a war crime, (_____)?

慶応商2020
ANSWER

解説

「付加疑問」が問われています。この場合、didn't it? とすれば、付加疑問が作れます。

The large body of evidence が主語ですから、it で受けます。そして、indicated が「肯定で過去形」ですから、付加疑問は肯定否定をひっくり返してつくりますので、「否定で過去形」を用います。

a large body of A は「 大量[多数]のA」の意味です。

(参考訳:大量の証拠が彼が戦争犯罪を犯したことを示していましたよね。)付加疑問文は返答をどのようにするかが問題として問われることがあります。..., didn't it?に対する返答を考えると、返答に迷ってしまいそうですが、基本的には聞かれているのは、the large body of evidence が indicated していたかどうか?なので、indicated に対して肯定であれば、Yes, it did. ですし、否定であれば、No, it didn't. となります。

日本語では、「オリンピックを開催するべきだと思いませんか?」に対して、「はい、思いません」というやり取りが成立しますが、英語では、「はい」は「開催すべき」であり、「いいえ」は「開催すべきではない」となります。Yes には肯定が続き、No には否定が続くことがはっきりしています。その意味では、「オリンピックを開催すべきではないと思いませんか?」と言われても、「開催すべき」の場合は Yes であり、「開催すべきではない」は No となります。聞かれ方ではなく、自分がそのことに関して、肯定か否定かがポイントです。